本文へスキップ

めんそ〜れ☆沖縄愛楽園自治会です。

電話・メールでのお問い合わせはTEL.0980-52-8115
E-mail: airakuen@yybb.jp

a1

沖縄愛楽園将来構想the future of Airakuen

名護市による「沖縄愛楽園将来構想の策定」

表紙・あいさつ・目次(pdf)

序章−将来構想策定の趣旨(pdf)
 1.策定の目的
 2.策定の方法等

1章−沖縄愛楽園および周辺地域の概要(pdf)
 1.沖縄愛楽園の概要
 2.沖縄愛楽園周辺地域の概要
 3.入所者および退所者の意向把握
 4.上位・関連計画等の整理
 
2章−計画課題の整理(pdf)

3章−沖縄愛楽園将来構想(pdf)
 1.将来ビジョン
 2.基本方針
 3.土地利用構想

4章−構想実現に向けて(今後の課題)(pdf)
奥付(pdf)


名護市民の会

 今年は、「らい予防法」廃止15年、「ハンセン病国賠訴訟」勝利10年という節目の年です。しかし、国の隔離政策による差別と偏見の「壁」は今なお厚く、ハンセン病回復者の名誉回復と、高齢化した療養所入所者・退所者の医療・福祉の確保は急務です。
 2008年「ハンセン病問題基本法」が成立し、国の隔離政策による被害の回復義務を定め、国および地方公共団体に医師、看護師、介護員の確保を義務づけ、療養所を地域に開放することを可能にしました。2009年には名護市も「沖縄愛楽園将来構想」をまとめました。「将来構想」の早期実現は課題解決への第一歩であり、突破口です。
 ハンセン病問題の根本的解決をめざし、尊厳と誇りをもって、共に手をつなぎ共に生きる社会づくりへの歩みを踏み出しましょう。市民一丸となった連帯と運動の立ち上がりで、名護市を『人権のまち』として全国に発信していきましょう。「市民の会」結成にあたり、多くの市民の皆様のご協力・ご支援を心より訴えます。

 2011年8月30日
                  「沖縄愛楽園将来構想」の早期実現
                       をすすめる名護市民の会
                         結成総会参加者一同

 会概要及び入会申込書 ←クリック ☆申込書様式をダウンロードしご利用下さい。



このページの先頭へ


沖縄愛楽園自治会沖縄愛楽園自治会

〒905-1635
沖縄県名護市字済井出1192
TEL&FAX 0980-52-8115
E-mail: airakuen@yybb.jp

交流会館
住所:同上
TEL&FAX 0980-52-8453
E-mail:ai-kouryu@yybb.jp